群発頭痛に対するアヘン剤の不適切な処方の頻度は高い

エビデンスに基づくガイドラインは、群発頭痛の治療には十分に利用されておらず、その結果病状の管理が不適切になっていることが、新たな研究により示唆された。アヘン剤治療の頻度は非常に高く、消耗性の痛みや慢性疼痛を特徴とする病状において、大きな懸案事項となっている。