革新的な統計学的アプローチで示す多発性硬化症における超過死亡率の動態

再発寛解型多発性硬化症患者では、当該疾患発症後の最初の10年間は超過死亡はみられず、現在の年齢が70歳以上の患者の死亡率は、多発性硬化症の臨床的発症時点の年齢を問わず同等であることが報告されている。