パーキンソン病における進行のゲノムワイド関連解析からの見識

ハンチントン病で成功したアプローチと同様のものを用いて、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(英国)の研究者らは、パーキンソン病(PD)患者の運動進行、認知進行、混合(運動および認知)進行についてのリスクスコアを入手した。

そのために、研究者らは症例対照ゲノムワイド関連解析(GWAS)を適用し、3つの大規模長期的前向きコホート(平均フォローアップ4.2年)の3000名を超えるPD患者から系統的に臨床データを収集した。