COVID-19時代の頭蓋内腫瘍:パンデミックが患者管理をどのように変えたか

英国での前向き研究により、COVID-19パンデミックが頭蓋内腫瘍患者の管理にどのような影響を及ぼしたかについて新たな知見を得た。

「COVID-19パンデミックは、がんサービスに深刻な影響を与えている」と、英国マンチェスターにあるマンチェスター大学(University of Manchester)のDaniel Fountain博士は述べた。「私たちの目的は、頭蓋内腫瘍と新たに診断された患者又は再発頭蓋内腫瘍患者の意思決定及びその結果としての転帰にCOVID-19パンデミックが及ぼす影響を判定することだった」。