パーキンソン病患者における認知症関連の精神病の研究

診療報酬請求データの分析から、パーキンソン病と診断されていない認知症患者と比較して、パーキンソン病を伴う認知症(Parkinson’s Disease with Dementia, PDD)患者の疾病負荷が高く、精神病が発現する前年の医療サービス利用がより多い状況が示されました。