糖尿病網膜症はパーキンソン病発症の危険因子か?

要旨

  • デンマークのレジストリベースコホート研究では、糖尿病網膜症はパーキンソン病(PD)の発現率とは関連していなかった。

本研究の重要性

  • 糖尿病網膜症は異常なドーパミン性シグナルにも関連していることが示されているため、糖尿病網膜症とPDの関係がこれまでに提示されている。

  • 本研究では、糖尿病網膜症はPDの独立危険因子であることは裏付けられなかった。