抗GAD抗体関連神経症候群の患者において免疫療法は真に効果的か?

EAN 2019で発表された小規模研究の結果、抗グルタミン酸デカルボキシラーゼ(GAD65)抗体に関連する神経症状は免疫療法後、患者の大半において改善することが示唆される。抗体価も、改善する大半の患者において低下する。しかしながら、スペインのサン・セバスチャン及びオランダのロッテルダムの医療機関の研究者は、患者は完全には回復しないと説明した 。