マルチモーダルイメージングにより予測される新生児脳卒中後の言語転帰

カナダの研究者らは、マルチモーダルイメージングを用いて新生児動脈虚血性脳卒中(NAIS)患者の言語転帰に関連する機能的及び構造的変化を特定した。

ICNA/CNS 2020バーチャル会議において、トロント大学(カナダ)のZahra Emami医師は、「NAISは生後28日以内の脳卒中として定義されており、小児期の脳卒中の最もよくみられる形態である」と発表した。

中大脳動脈(MCA)に影響を及ぼすNAISの患者は、小児期には基本的な言語スキルを習得することが多いが、青年期には高次言語障害が表れる。「早期脳損傷後にネットワークの結合を再編成する脳の潜在力を理解することにより、発達神経可逆性モデルに関する情報がもたらされうる」とEmami医師は述べた。

Ology Medical Educationは、自主的な医学教育のグローバルな提供者です。最適な患者ケアを支援する目的で、医療従事者の皆様に高品質で信頼性の高い医療情報を提供することを使命としています。過失その他により、あるいは情報媒体に記載された手法、製品、説明、若しくは理念を活用又は運用することにより生じた、いかなる人的若しくは物的な傷害及び/又は損傷についても、Ology Medical Educationは責任を負わないものとします。医学は急速に進歩しているため、Ology Medical Educationは診断及び薬物の投与量については自主的に検証することを推奨しています。記載されている見解は、Ology Medical Education又はスポンサーの見解が反映されたものではありません。Ology Medical Educationは、いかなる記載内容についても責任を負わないものとします。