大規模な研究によって、てんかんの母性効果が確認されている

デンマーク、オーストラリア及び米国の研究者グループによると、デンマーク人集団の大規模な研究によって、以前報告された、てんかんに罹患した父親の子供と比較して、罹患した母親の子どもはてんかんのリスクがより高いことが確認された。