緯度と紫外線B波曝露-多発性硬化症の重症度の予測因子となるか?

要旨

  • 緯線40oより外側の温帯では、紫外線B波(UVB)曝露は多発性硬化症(MS)の重症度に関与している。

本研究の重要性

  • MSの発症と症状にはいずれも、遺伝的要因と環境要因との間の複雑な相互作用があると思われる。緯度はMS発症に関連する要因の一つとして一貫した結果がみられているが、症状の重症度に対する影響については理解が不足している。

  • MSと診断された患者間で重症度が大きく異なる原因を理解することは、今後のMSの個別化管理を最適化するのに役立つ可能性がある。