機械学習技術は後天性脱髄小児患者の予測診断に有用である

小児を脱髄の初発エピソードで予測診断するのに役立つ機械学習分類装置の可能性が、新たな研究で強調されている。

カナダ・トロントのHospital for Sick ChildrenのBeyza Ciftci博士は、MSVirtual2020での発表で、機械学習分類装置をトレーニングして、複数のマルチモーダルな入力要素と疾患分類との関連及び因果関係を識別することができると述べた。