メタアナリシスによりADとDLBで異なる血管危険因子が明らかになった。

メタアナリシスによる新しい結果は、喫煙者はレビー小体型認知症 (DLB)を発症する可能性がより高く、糖尿病患者はアルツハイマー病(AD)のリスクがより高いことを示唆する。