機能性運動異常症の病態生理には分子的機構が潜んでいる可能性がある

機能性運動異常症(FMD)の神経生物学的な基礎についてはほとんどわかっていないが、研究者らは、遺伝的および神経生物学的基質が重複して疾患の発生に寄与している可能性があることを見出した。