ALS入院患者における死亡率の低下

AAN会議で発表された新しいデータによると、筋萎縮性側索硬化症(ALS)による入院患者の死亡率が改善している可能性があるという。