22q11.2欠失症候群を伴う小児における運動障害

IPMDS 2019カンファレンスで発表された新たな研究所見によると、22q11.2欠失症候群(22q11.2DS)の小児ではジストニアの頻度が高いことが明らかとなりました。