MRI所見が、二次性進行型MSへの転換リスクを浮き彫りにする

通常の脳MRI検査で見られる上位頸髄萎縮速度の加速は、再発寛解型多発性硬化症(RRMS)から二次進行型多発性硬化症(SPMS)への転換が迫っていることを意味する強力な予測因子である、と研究者は示唆した 。