neurodiem-image

MRIによって、MSA、PSP、PDの鑑別診断が改善

最新の研究によると、核磁気共鳴画像法(Magnetic resonance imaging、MRI)により、多系統萎縮症(Multiple system atrophy、MSA)、進行性核上性麻痺(Progressive supranuclear palsy、PSP)、パーキンソン病(Parkinson's disease、PD)の鑑別診断が改善される可能性がある。