妊娠中の多発性硬化症再発:リスクがある人は?

治療の種類によって再発寛解型多発性硬化症(relapsing-remitting multiple sclerosis:RRMS)を有する女性の妊娠中の再発リスクを予測できる可能性がある、と研究者らが述べている。

従来から、RRMSの疾患の活動性は妊娠中には低下することが分かっている。しかし、効果の高い疾患修飾治療(disease-modifying therapy:DMT)を含む現代の治療を使用する時代における妊娠と疾患の活動性との相互作用については分かっていない。