神経細胞活動と脳ネットワークダイナミクスを関連づけるのに、ADのマルチスケールモデルが役立つ

オランダの研究者らが、アルツハイマー病(Alzheimer’s disease:AD)患者に認められる神経細胞ネットワークの機能亢進のマルチスケールモデルを開発した。

計算モデリングを用いて、研究者らはマルチスケール脳ダイナミクスをシミュレートし、神経細胞の動作異常と脳ネットワーク障害との関連を調べた。このモデルによって、抑制性又は興奮性の神経細胞の易興奮度を変化させ、この変化が全体の振動子ネットワークの動作に与える影響を評価することもできた。