神経生検は末梢性ニューロパチーの診断決定及び治療決定に重要な役割を果たす

AOCN 2021では、末梢性ニューロパチーの管理において神経生検が重要な貢献を果たせることが、新たな研究によって強調された。

神経生検は、血管炎、ハンセン病、アミロイドーシス、サルコイドーシス、神経リンパ腫症及び慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy、CIDP)などの状態に関連するニューロパチーの病因学的診断を解明する上で重要な役割を果たす。

しかし、末梢性ニューロパチーの臨床管理における生検の診断率及び影響は、特にインド南東部では十分に実証されていない。