神経腫瘍医がCOVID-19による治療の中断及びストレスの増加を報告している

神経腫瘍医を対象とした国際的調査で、COVID-19によって広範囲にわたって患者ケア及び臨床研究の提供が中断されていることが明らかになった。

米国ミズーリ州にあるセントルイス・ワシントン大学医学部(Washington University School of Medicine in St Louis)のMilan Chheda博士らは、国際的なウェブベースの調査を実施し、パンデミックの影響を評価した。