多発性硬化症に対するニューロフィードバックトレーニング:脳や認知機能への影響

オーストリアの研究者らが、多発性硬化症患者を対象に、ニューロフィードバックトレーニングが脳構造や機能及び認知機能に与える影響を調査した。

ニューロフィードバックトレーニングによって認知機能の改善が認められた、とグラーツ医科大学(Medical University of Graz、オーストリア)のDaniela Pinter医師は述べた。ただし、ニューロフィードバックトレーニングが脳構造や機能に与える正確な作用については確立されていない。

パイロット研究では、14名の患者に対してニューロフィードバックトレーニングの前後にMRI検査(拡散テンソル画像検査及び安静状態での機能的MRI検査)を行った。トレーニングは自宅で3~4週間かけて、遠隔リハビリテーションシステムを利用したセッションを10回行うものであった。

Ology Medical Educationは、自主的な医学教育のグローバルな提供者です。最適な患者ケアを支援する目的で、医療従事者の皆様に高品質で信頼性の高い医療情報を提供することを使命としています。過失その他により、あるいは情報媒体に記載された手法、製品、説明、若しくは理念を活用又は運用することにより生じた、いかなる人的若しくは物的な傷害及び/又は損傷についても、Ology Medical Educationは責任を負わないものとします。医学は急速に進歩しているため、Ology Medical Educationは診断及び薬物の投与量については自主的に検証することを推奨しています。記載されている見解は、Ology Medical Education又はスポンサーの見解が反映されたものではありません。Ology Medical Educationは、いかなる記載内容についても責任を負わないものとします。