軽度認知機能障害患者の認知機能と関連するニューロフィラメント軽鎖

AAIC 2020で発表されたデータによると、神経変性のバイオマーカーが軽度認知機能障害(MCI)患者の病態生理学的変化と認知機能との間に欠けているつながりをもたらす可能性がある。

そのバイオマーカーとはニューロフィラメント軽鎖(NfL)で、損傷した軸索によって脳脊髄液(CSF)及び血液中に放出されるものである、とオランダのアムステルダム自由大学のIsabelle Bos医師が述べた。