非心原性脳塞栓症後のAF検出にICMを用いる利点が新たなデータにより提示

ラクナ梗塞(SVO)又は大血管アテローム性動脈硬化症(LAA)に起因する虚血性脳卒中患者で植込み型の心モニタリング(ICM)デバイスを使用することにより、脳卒中後の心房細動(AF)の検出が促進され、これらが予防戦略の情報となり得る、と専門家らがISC 2021で報告した。

マサチューセッツ総合病院(米国、ボストン)のLee Schwamm医師は、脳卒中AFに関する継続中の臨床試験の1年目データを提示した。

33施設において実施するこの前向き試験は、SVO又はLAAが原因である脳卒中患者のAF率を確立することを目的とし、心不整脈の検出についてICMを用いた継続的モニタリングと施設固有の医療水準(SOC)とを比較した。