新しい結果は神経膠芽細胞腫における性差を説明するのに役立つ

代謝解析により、男女の神経膠芽細胞腫細胞の間に有意な違いがあることが明らかになり、これが発生率と生存期間の性差を説明するのに役立つ可能性がある、と専門家らは報告した。

神経膠芽細胞腫は女性より男性で頻度が高く、女性患者のほうが男性患者より有意に長生きする傾向がある。男性のほうが発生率が高いことは、犬など他の哺乳類でも観察されている。これらの性差の理由を理解することは、新規の治療法や治療戦略の開発に役立つ可能性がある。