新たな結果は多発性硬化症の転帰のバイオマーカーとしての血清ニューロフィラメント軽鎖の使用を支持

多発性硬化症患者の不均一な大規模コホートを対象とした新たな研究によって、血清ニューロフィラメント軽鎖(sNfL)は、多発性硬化症の疾病負荷のバイオマーカーとして有用である可能性を示すエビデンスが得られており、sNfL濃度の上昇は、神経学的転帰不良及び糖尿病と関連している。