PDでの認知症発症に関連する新たな遺伝子マーカーが特定された

ゲノムワイドのメタ解析により、パーキンソン病(Parkinson's disease、PD)患者の認知症の進行の加速に関連する新たな遺伝子マーカーが特定された。

PDは主に運動障害であるが、認知障害及び認知症が特に疾患の末期段階に起こりうる、と研究者が述べた。しかし、次のように付け加えた。“認知低下の速度はPD患者間で大きく異なり、この不均一性の遺伝的基盤は完全には解明されていない。”