新たな客観的評価尺度の「ARMSS比率」は将来発現する障害の早期前兆を示す

カロリンスカ研究所(スウェーデン、ストックホルム)の研究者らは、治療早期に疾患の経過を予測する際に有用と考えられる、年齢関連多発性硬化症重症度尺度(ARMSS)スコアに基づく客観的評価尺度を開発した。

Ology Medical Educationは独立した医学教育を提供するグローバル機関です。最適な治療を患者に提供するため、医療従事者の皆様に高品質で信頼性の高い医療情報を提供することを使命としています。過失その他により、あるいは情報媒体に記載された手法、製品、説明、若しくは理念を活用又は運用することにより生じた、いかなる人的若しくは物的な傷害及び/又は損傷についても、Ology Medical Educationは責任を負わないものとします。急速な医学的進歩に伴い、Ology Medical Educationは、診断及び薬剤の投与量について独立した検証を行うことを推奨しています。記載されている見解は、Ology Medical Education又はスポンサーの見解を反映するものではありません。Ology Medical Educationは、いかなる記載内容についても責任を負うものではありません。