年齢が多発性硬化症の臨床転帰にどのように影響を及ぼすのかをさらに明確にした新たな研究

ECTRIMS 2019で発表された新たな研究結果によると、37~40歳の年齢は、多発性硬化症が引き起こす中枢神経系(CNS)損傷の代償にきわめて重要であると考えられる。