デュシェンヌ型筋ジストロフィーの評価に役立つ可能性のある新しいツール

AAN 2019で発表された新たな研究結果によると、専用の電気インピーダンス筋運動記録(EIM)装置は、歩行可能患者、歩行不能患者のいずれにおいても、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の進行をモニターするために有益である可能性がある。