新規のデータ駆動型アプローチは脳卒中後の失語症サブタイプの分類を改善する

要旨

  • コミュニティ検出解析は、脳卒中後の失語症サブタイプを分類するための新規の方法である。

本研究の重要性

  • 失語症は、左半球の脳卒中後に生じることが多い言語障害である。

  • 本研究の新規結果は、現在の標準的なツールと比較して、失語症の研究に機械学習とデータ駆動型技術を適用することが実行可能であることを示している。研究者と臨床医の間でデータの共有が促進されれば、神経学的障害の理解が深まり、脳卒中後の失語症患者の予後が改善されるであろう。