妊娠計画のための抗てんかん薬の最適化

新たなエビデンスにより、妊娠を望むてんかん女性が産科的により安全な抗てんかん薬治療レジメンに切り替えることができることが示されたと研究者が明らかにした。