皮質拡延性抑制の光遺伝学モデルから示される前兆を伴う片頭痛に関する洞察

光遺伝学を用いた皮質拡延性抑制(CSD)の低侵襲マウスモデルによって、前兆を伴う片頭痛に関する新たな洞察が提示された。

前兆を伴う片頭痛は独特な前兆のサブタイプで、片頭痛患者の20~40%にみられる、とマサチューセッツ総合病院(米国マサチューセッツ州ボストン)のAndrea Harriott医師は言う。