慢性片頭痛と突発性片頭痛の疾病負荷にみられる共通部分によって提起される、片頭痛の定義の問題

高頻度の突発性片頭痛(high-frequency episodic migraine:HFEM)患者と低頻度の慢性片頭痛(low-frequency chronic migraine:LFCM)患者に区別した2つの片頭痛患者群において、疾病負荷とうつ病リスクにかなりの程度の共通部分があることを研究者らが特定した。