パーキンソン病の治療パターン及び疾病負荷:汎欧州PRISM試験

欧州5ヵ国にまたがって実施されたパーキンソン病患者(people with Parkinson’s disease、PwP)の大規模調査の結果によって、患者の特徴、薬剤の使用及び健康関連の生活の質(health-related quality-of-life、HRQOL)への疾病負荷の影響について重要な見識が得られる。