小児てんかん:治療法開発を促進するための不均一性への対応

CNS 2021で発表した専門家によると、今後の小児てんかん治療法開発は、バイオマーカー、精密医療、および新しい試験デザインの利用の促進に依存する。

National Institute of Neurological Disorders and Stroke/National Institutes of Health (NINDS/NIH)のDivision of Clinical ResearchのプログラムディレクターであるAdam Hartman博士は、臨床開発を支援するために取り組むべき重要な課題は、小児てんかん患者集団の不均一性であると指摘した。