てんかん患者が全入院に占める割合が上昇していることが研究から判明

2005年と2014年の入院データの比較により、てんかんに起因する入院の割合の増加など、重要な変化傾向が明らかとなった。