ADの予測:TADPOLE Challengeの結果

臨床試験における患者選択の改善につながる、アルツハイマー病(AD)発症予測のより良い方法がTADPOLE Challengeによって特定された、と研究者らが報告した。

University College London(英国)のRazvan Marinescu医師によると、これまでに実施されたADに関する多くの臨床試験が失敗した理由の一つとして、対象として正しくない患者を組み入れていた可能性があることが考えられる。したがって、AD発症を予測するより優れた方法により、臨床試験デザインを向上させることができる。

アルツハイマー病の経時的進行予測(Alzheimer’s Disease Prediction of Longitudinal Evolution:TADPOLE)の取組みの一部として、Marinescu医師らは33の国際チームから提示された92のアルゴリズムの評価を行った。