neurodiem-image

プレビュー:MDS 2020における知見と革新

今年の国際パーキンソン病・運動障害疾患会議(MDS 2020、9月12日~16日)は、予定されているセッションのほぼ全てがライブでバーチャルに発信される形式で行われます。多くのセッションは後に「アンコール」として公開されますので、アジアおよびオーストラリアの参加者も日中の時間に参加できます。全てのセッションを録画し、2020年10月までオンデマンドで無料でご覧いただけます。

例年通り、初日はパーキンソン病の治療法の進歩についての2つの独立した全体セッションに分かれ、運動症状、非運動症状、外科的治療の選択肢などについて議論します。このセッションの別の講演では、舞踏運動、ミオクローヌス、ジストニアについての進歩を取り上げます。