研究者らは「多発性硬化症の予後は主に二つの因子で向上するが、一つは本物、もう一つは偽りの因子である」と述べた

過去25年間(多発性硬化症に対する疾患修飾治療薬が開発された時代)で 予後は大幅に変化し、専門家らの報告によると、clinically isolated syndromes(CIS)と診断後の二つの期間(多発性硬化症と診断されるまでの期間及び治療開始までの期間)が顕著に短縮した(それぞれ68%及び84%)。