CSF中タンパク質の調節異常はADの病態生理学を反映

脳脊髄液(CSF)タンパク質パネルを検証することは、早期認知症、アルツハイマー病(AD)及び非AD型認知症の区別に役立つ可能性がある、と研究者らは言う。

「ADに対する疾患修飾療法の開発には、特にADに関与する多様な病理学的経路を反映するバイオマーカーパネルが必要である」とアムステルダム大学病院(オランダ)のMarta Del Campo医師は述べた。