脳腫瘍における偽性進行と治療誘発性壊死は識別しうる

専門家は、脳腫瘍における偽性進行(PP)と治療誘発性壊死(TN)が明確な患者集団に起こり、放射線画像パターン及び病理組織像に基づいて識別できると示唆した。