視神経症が疑われる患者で再診断が多い

ポルトガルのポルト大学(University of Porto)による単一施設研究からの15歳のデータによるとニューロパチーが疑われる患者の再診断は比較的多く、特に最初に特発性視神経症と診断された患者でよくみられる。