再発後の再手術は、高悪性度神経膠腫における生命予後を改善する

高悪性度神経膠腫患者の大部分は、切除術後に再発を生じるが、再切除術の施行の有益性については、依然として議論が分かれている。Son Espases Hospital Universitari(Palma de Mallorca、スペイン)の研究者らによって実施された研究では、再介入を受けた患者で全生存期間が有意に改善することが示唆された。