片頭痛のCGRP受容体拮抗薬療法に関する実臨床での実績

カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)モノクローナル抗体(mAb)療法の実臨床使用に関する新しいデータを、専門家らが報告した。臨床試験の結果と同程度に頭痛頻度が低減されることが示されている。