性的暴行トラウマや脳卒中の後に心因性非てんかん性発作のリスクが高まる

AES 2020で発表された新たな結果により、性的暴行トラウマと脳卒中は心因性非てんかん性発作(PNES)と有意に関連していることが示唆された。

PNESは男性よりも女性に多くみられ、臨床的にはてんかん発作に類似した発作性エピソードを特徴とするが、てんかんで観察される異常な脳電気信号を伴わない。主にストレスや苦しみなど、心理学的な因子と関連していると考えられている。