neurodiem-image

疼痛における性特異差:異なる反応によって異なる基礎的機序が明らかに

前臨床エビデンスにより、疼痛の性特異差の基礎となる機序が明らかにされる。

「片頭痛などの様々な疼痛状態が女性に多いことは広く認められている」と、テキサス大学(米国テキサス州ダラス)のGregroy Dussor医師は述べた。近年、疼痛の性差への関心が高まっており、前臨床研究からの新たなエビデンスによって性別間における違いが複数確認されている。