MSにおける性機能不全の高い有病率

体系的レビュー及びメタ解析から得られた新たな知見によると、多発性硬化症患者の2分の1から3分の2が性機能不全(SD)を経験する 。