極めて高齢の脳卒中患者は、急性大血管閉塞の6~24時間後に機械的血栓除去を受けるべきか?

EAN 2020で発表された韓国の研究結果は、極めて高齢の患者に対する、そのような「遅い時間枠」介入は、より若い患者より、転帰不良と有意に関連することを示唆した。研究者らは、より慎重なアプローチをとる必要があることを示唆した。