小児期てんかんにおける睡眠障害スクリーニングは転帰を改善する

AAN 2019で発表された新しいデータによると、睡眠障害の迅速な同定と管理は、てんかんの小児の転帰改善に役立つ可能性がある。